不妊治療 つらい

ストレスでうつ気味になりました。

不妊治療,つらい,ストレス,やめたい

私は42歳まで病院の不妊治療を続けましたが、結局ダメでした(TдT)
最初から3年間不妊治療すると夫と決めていたので決断も早かったです。

 

金銭的なことも止めた理由の一つですが痛さやストレスもピークに達していたので…ちょっとうつになりかけましたしね(´Д`ι)
またもう一つ自宅でできる不妊治療というものを知ったことも卒業理由の一つです。

 

確かに不妊治療中はつらいことばかりでしたよ、途中で何度やめたいと思ったか。。
経験から不妊治療ってお金や時間に余裕があるとかじゃないとおすすめ出来ませんね。
副作用のリスクあるし成功確率も低いようですし( ・Д・)

 

それで私は自宅で自然妊娠する方法に変更したのですが、1年後に無事男の子を出産しました♪
45歳とか高齢出産を覚悟していたので妊娠を知った時は本当に嬉しかったです。 頭が真っ白になるというか。。。

 

もっと早く病院での不妊治療を止めてこの方法を始めていれば、仕事とか家庭事情とか対人関係、近所付き合いとかいろいろ変わっていたのでしょうね・・・とか考えることがあります。
あなたがもし、辛く苦しいのであれば心を楽にして自宅で取り組んでみてください。

 

>>私が実践した方法はこれです

 

 

今考えると無理に妊娠を促すより、まずは妊娠しやすい体つくりから始めるのが流れとしては正解だったんだなと思います。
妊娠しづらい体に種を植えてもね、、、芽は出ませんよね。。

 

自宅治療法一覧

今思うと最初からこういった自宅でできるストレスないトレーニングを実践していればよかったなぁーって思います。
不妊治療と違い、お金もかからなかったし何より精神的に楽です。
自宅でのトレーニング方法は私が実践した方法以外にたくさんあり、メモ代わりに載せておきますね!

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス〜

壱伊布三子

簡単に説明するとヨガを基本に妊娠しやすい体を作る方法ですね。
壱伊布三子さんは「自力法」と呼んでいますね。

 

内容を読むと自分で呼吸・食生活・日常生活を変えることが重要だそうです。
不妊解消だけでなく健康的にもなれる方法だと思います。

 

 

>>不妊解消ヨガの詳細はこちら

 

妊娠成功ガイドブック

譚定長

不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が自然妊娠できる方法を教えてくれます。

 

マニュアルとDVDがセットになっているので、非常にわかりやすいと評判のマニュアルです。
字を読むと睡魔が襲ってくる傾向がある私にはDVDは良いですね♪

 

 

>>不妊症周期療法の詳細はこちら

 

しあわせ妊娠マニュアル

しあわせ妊娠マニュアル

公式サイトの中の動画でマニュアルの内容をたくさん紹介しているので無料なのでまずはチェックしてみてください。

 

溝口先生が4時間38分のDVDマニュアルです。
実際に自然妊娠したひとの感想もたくさんあるので、イメージつきやすいと思います。

 

 

>>しあわせ妊娠マニュアルの詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精神的に追い詰められる

33歳女性です。半年前から治療を開始しています。
検査で特段の異常がなかったので、今は投薬&タイミング指導中です。
例えば、健康な男女が排卵日にタイミングを取っても、妊娠につながる確率は30%程度である、等、色々なことを知りました。
だから、タイミング療法でなかなか授からなくても、私は落ち込んだりしないと思っていました。
それでも感情が付いてこないものですね。
何度めかのリセットで、少ししんどくなってしまいました。
まだ駆け出しの私がこんなことを言うのもおこがましいですが。

 

タイミング〜生理が来るまでの間、妊娠の可能性がゼロでは無いわけで、薬を飲まないようにしたり、身体を冷やさないようにしたりと、普段よりも気を使って生活します。でも生理が来ると、なんだか自分がとんだ茶番を演じていたような気持ちになり心からむなしくなってしまいます。
ほんわかムードで期待しているわけでもなく、どちらかといえば機械的に取り組んでいるつもりでした。
でもかなり揺さぶられてしまいます。

 

結婚後、すぐにお子さんを持った友人がいるのですが、彼女が共通の友人(長期間不妊治療中)を指して、「なんで不妊治療してる人って、性格が暗くなっちゃうんだろうね。
私だったらもっと明るく前向きに取り組むけどな〜」と言った事がありました。
当時、私はまだ治療開始直後で、そんなにつらい思いをしていなかったので、不妊治療をしたことが無い人にはこの気持ちはわからないんだな、としみじみ思う程度でした。
でも、今になってその友人の言葉が胸に突き刺さることがあります。
その上で、これは正しい指摘だ、私も前向きにならねばと思うのですが、なかなか難しいですね。

 

長文申し訳ありませんでした。書くことで少し気が軽くなりました。(読売新聞オンラインより抜粋)